NEWS

お知らせ

身元保証について 2021.05.19

入院時に身元保証人がいないとき

医療機関では一般的に、入院時に身元保証人を求めることが多いです。
なぜかというと、主に次の目的で身元保証人をはっきりさせておく必要があるためです。

・入院費の支払いを保証するため
・治療中に不測の事態が起こり、本人が医療行為に同意できない場合の代替
・万一入院中に亡くなられた場合の遺体・遺品の引き取り

突然入院が必要になっても、身元保証人がいないと、スムーズに手続きが受けられないことになります。
日頃から入院時には誰に身元保証人を頼めるか、準備をしておくのがいいでしょう。

しかしながら、家族がおらずおひとりで暮らしている方は、気軽に身元保証人を頼める方がいない場合もあるかと思います。
そんなときは、民間の身元保証会社を利用するのが便利です。

仙台の高齢者向け身元保証代行サービス「時のささえ」では、入院時の身元保証人はもちろん、緊急時の駆け付けや居室の明け渡しなど、お客様の家族のように親身にサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

時のささえの身元保証支援について

お問い合わせ