NEWS

お知らせ

身元保証について 2021.07.20

「おひとり様」が福祉施設に入居するには

身寄りがない、またはご家庭の事情で親族の支援が受けられない、そんな「おひとり様」のご高齢者様が福祉施設に入居したい場合、どうすればいいのでしょうか?

有料老人ホームなどの高齢者入居施設では、入居時に身元保証人のサインを求められるケースが多いです。
事故や死亡時の緊急連絡先や入院費・利用料の滞納があった場合に備え、施設側が支払い保証を確保したいためです。

夫や妻がいる場合でも、それ以外の第三者を緊急連絡先にすることを求められるケースも。
しかしながら、家族や親族以外に保証人になってもらうのは難しいのが現実です。

そんな時に、保証人機能を代行する事業者に依頼をすれば、身元保証はもちろん、役所の手続きや生活支援、緊急時の連絡先にすることもできます。
「おひとり様」に限らず、親族がいても遠方に住んでいるなどの理由で、緊急時の駆け付けができない場合も、身元保証会社を利用すれば安心です。
現在は入院・入所を迫られる状態ではなくても、いざというときのために早めに身元保証会社に依頼をしておくといいでしょう。

仙台の高齢者向け身元保証代行サービス「時のささえ」では、お客様が福祉施設に入居するときも、家族のように親身にサポートいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

時のささえの身元保証支援について

お問い合わせ